昨冬とは打って変わって大雪の今冬、豪雪地の湯沢市にある当組合の駐車場は除雪した雪でどんどん狭くなり今日は排雪作業中です。写真ではよくわからないかもしれませんが今日は荒天で時折排雪作業の重機の姿が見えなくなるほどの猛吹雪、明日は大寒なのでまさに冬ど真ん中の風景です。

こんな天気の中では春の足音なんてものは吹雪の風の音にかき消され「かすかにも聞こえて来ねえよ」という感じですが、全国ニュースでは南の方の桜の開花が話題となったりもしてきており、間違いなく数ヶ月先に春は来ます。

私達雪国の人間は春になれば溶けてあとかたもなく無くなってしまう雪の処理に明け暮れ体力とお金を消費していますが、終わりの見えないコロナとの戦いに頑張っている沢山の皆さんもかなり疲弊していることと思います。収束という春が一日も早く来ることを願い、豪雪の中で粘り強く春を待ち続けた雪国育ちの総理に期待して遠くから応援したいと思います。